私は、高校生3年生のころ、進路に迷っていました。

大学に進学するか、堅実的に公務員になって働くか、それとも、アルバイトやパートをするかなどなどです。私は、どちらかというと貧乏な家庭で育ちました。

大学なんていけるものかと思っていました。ある日、親とA先生と私の三者面談で、A先生から大学進学を考えてみないかとすすめられました。

私は大学生の時に奨学金を借りて生活していました。

家族は共働きの親もいたし、仕送りもしてもらって生活していたけれど、それでは満足できずに奨学金を借りていました。

大学生活は今までの生活と全く違って、自由な時間も多かったり遊ぶ範囲もとても広かったりして、お金がかかることばかりでした。

ある分野の専門学校に進学をしたのですが年間130万円以上の学費が必要でした。

しかし我が家の家計は赤字でとてもではないですがを払うことなどできませんでした。そこでどうにか学費を出せないかと調べた結果、奨学金を借りるという結論に至りました。

専門学校入学後、奨学金の手続きを行い第二種奨学金の制度を使って月10万円借りることになりました。つまり年間120万円借りることになります。