15年前のこと。大学時代にギャンブルにはまっていた自分は大学に通うまでもなく、毎日当然のようにパチンコに通う日々。

別途バイトはしていましたが、バイト代の収入以上にギャンブルの出費は多く、一日あたりの支出の額は毎日平均1万円から多いときには5万円、逆に買った場合には収入多いときで10万円と非常に波がありました。

僕は大学2年の学生です。大学生になってから時間に余裕ができ大学1年の夏前に友人に誘われパチンコ、スロットに興味本意で行ってしまいました。

それまではパチンコ、スロットは絶対にやらない。パチンコ、スロットをやっているやつは人生のクズだ。などと思っていた私が手をだしてしまいました。

一回だけならと思い行った、地元のパチ屋でまさかの3万弱勝つことができました。それからの2年間パチンコ通いの日々。

私がまだ大学生の頃の話しです。大学4年の頃、仲の良い友達5人で卒業旅行を計画しました。

私以外はみんな実家通い、私だけ一人暮らしをしていました。バイトはもちろんしていました。ほぼ毎日バイトをしていたので、月10万弱はお給料がありましたが生活費で飛んでいく日々。

学費やアパート代は両親が払ってくれていたのですが、補正下着や超高価なサプリメントの支払いもあり(本当に馬鹿モノでした★)、毎月の生活はそんなに楽ではなかったことを覚えています。

これは私が学生時代、一人暮らしを始めたばかりの頃の話です。

地元を離れて、南関東の大学に通うため、一人暮らしを始めてから、最初の夏休みでした。

地元からの友人のいない、遠隔地の大学へ進学したのですが、幸いにも友人に恵まれ、その年の夏休みに友人たちと少し長い旅行を計画していました。

今回登場する友人をJとしておきましょう。

北海道出身の彼とはウマが合い、何かよくつるんでおりました。