大学に進学する際、私立の大学だったため奨学金という名の金貸しからお金を借りました。

借り始めた当初は、まだ高卒の10代だったこともあり、お金を借りるという事がどういう事が実感として今一わかっていませんでした。

1年間に約100万×4年で400万を超える学費+交通費や交際費を含めると500万は大学生活で使ったことになります。そのうちの半分近くは奨学金でまかなったと思うとぞっとします。

後から知った事ですが、奨学金を払えないがために、ローンが組めなくなってしまったりする人が多いそうです。

最初は軽い気持ちで借りていて、歳を取るにつれ借りる額の多さに愕然とする奨学金はもっとよく考えて借りるべきです。

それなのに、高校の頃や大学の説明では手軽に借りれるみたいに説明するために、安易に借りる人が多いように思います。

そのため卒業後に正社員になれず奨学金を返せれないといった事態が多いのではないかともおもいます。

対策として1番いいのは奨学金という名称を変える事です。学生ローンもしくは学生用金貸し。とかいう名称にすれば、安易に借りる人は減るのではないかなと思います。

特に2種の奨学金は本当に誰でも借りれるので、もっと審査基準を厳しくして本当に必要な人にしか貸せれないようにしたらいいかと思います。