学生で一人暮らしが憧れだった当時。私は実家から微妙に離れた大学に合格した。その瞬間から両親に頼み込み、一人暮らしをすることになった。

いつも私のことをかわいがってくれた母は猛反対したが、父親はあっさりと了承。

しかし条件がつけられていた。一、生活費は一切仕送らない。二、学費も支払わない。自分のお金で支払うこと。というものだった。

高校卒業が確定し、アルバイトもしたことのない私は思わずひよってしまった。でも一人暮らしがしたい。でもお金が無い。

そんなことを友人に相談していたら、ふと「奨学金」という言葉が出てきた。学生を支援してくれる。学生支援機構、なんて名前に私は思わふらふらと近づき、そのまま紙を書いて申請。あっさり通ってしまった。

月8万借りることになり、三分の一は学費を分割して親へ支払い、ほとんどはアパート代に費やされた。アルバイトもして、奨学金ももらい、私は大体月20万近くのお金で生活をしていた。

そんなお金があるのだから贅沢もできるしサークルも充実。しかし大学卒業後、本当の地獄が待っていた。

就職した先からもちろんある程度の給料はいただけるが、半分近くは生活費・残りを全て奨学金の借金返済へ費やし......というサイクルになってしまった。

大学生は人生の夏休み。そんな言葉が社会人になって脳裏にかすんでしまう。

金利ありの奨学金になっているから返すのはまだまだ先になりそうだ。