私は大学生の時に奨学金を借りて生活していました。

家族は共働きの親もいたし、仕送りもしてもらって生活していたけれど、それでは満足できずに奨学金を借りていました。

大学生活は今までの生活と全く違って、自由な時間も多かったり遊ぶ範囲もとても広かったりして、お金がかかることばかりでした。

特に、入学して加入したサークルでは、サークル活動以外にもメンバーと旅行へ行ったり、飲み会も頻繁に行われたりして仕送りやバイトだけでは満足できませんでした。

将来はちゃんと働けばいいし、奨学金の返す額も月々そんなに高くないし、今を楽しく過ごすことが何よりも大切だと大学生の時は思っていました。

社会人になってみると、働いた分だけお金は入ってくるので、月々の生活費や食事代、会社の接待や会社の服の購入などをしても少し余裕のある暮らしができていました。

けれど、私は早くに結婚し、旦那も奨学金をかりていたため、月々の返却で驚くほど生活費が削られてしまいました。

大学の時は楽しい思い出もいっぱいなので、後悔はしたくありませんが、できることなら、もっとバイトの量を増やすなどして、奨学金をかりない方法を考えるべきだったと今は思っています。