私は、大学生活の始まりと同時に独り暮らしを始めることになりました。

仕送りは家賃の3万円ほどのみで、あとは奨学金とアルバイトで生活費を工面していました。

奨学金は月に5万円×12か月×4年分。大学院でも半年借りましたので+50万円ほど。合計で300万円ほどの借金を背負っての社会人スタートになりました。

返還の免除などの道もあるにはありますが、実家の詳細な収支による審査がありますし、申請要件をクリアできなかった為、地道な返還をする必要があります。

返還は、月に1万5千円ほどずつになります。実際、アルバイトせずとも月に5万円ずつの収入があることはものすごく助かりましたし、なくてはならないものです。

ですが、最終的に私は今のところ正社員での就職へとつながっていない為、返還がなかなか大変。

借りたものは返すのが当然だと考えますし、踏み倒す道を探す、ということもありませんが、やはり返還額も安いものではありません。

学生生活と奨学金には切っても切れない関係があると思います。消費者金融などに借りるよりは安心かつ明瞭ですから、お金が必要であれば借りない手はないと思います。

ですが、卒業し、返還が始まるその時までに、その奨学金を返還し続けても余りあるほどの収入を手にできるよう、自分への投資という形でその奨学金を上手に使う。

そういう風に、有意義に奨学金を使えるよう、今後奨学金を借りる予定の未来の学生に願ってやみません。

私の借りた奨学金は、先輩の借りて返還した奨学金であり、未来の学生が借りる奨学金は、私が返還した奨学金ですから。